<< アイデンティティ 命の立ち位置 | main | 17年前のメドック赤ワイン >>

北海道の旅は

0

    北海道文化財団主催の来年度コンサートのプレゼンテーションに、和歌うた実行委員会で参加してきました。
    初めての体験に 緊張しましたが
    五分間のプレゼン でしたので説明するよりは歌った方が早いので 映像付きカラオケを持参して歌って来ました。
    インパクトがあったと思います。
    でもその後約一時間見本市のようにブースをしつらえて 興味を持たれた方が来てくださるのを待っていましたが どなたも現れず。少しがっくり
    最後はお帰りになる関係者の方々に自分から参考資料を渡して。名刺交換を

    でも 遠くから札幌に来た方の中で二組ほど 私の歌を聴いて帰りの列車に乗る時間が迫っているからと急いで帰られた方々もいて、
    出かけて来たかいはあったと思います。

    又もう一つの 旅の目的。札幌市の教育委員会へ出向き アルバムを小中学校に進呈するお話しはとても喜んで頂いて担当の方と話が弾みました。

    北海道のカルタは下の句カルタなんですって。下の句カルタって いったいどんなカルタなのかしら。
    かえったら調べてみます。

    二日間 教育委員会へいったり教育会館へ行ったり、大通り公園を西に東に歩きながら 札幌の街並みを満喫しました。
    写真は札幌のメインストーリートで、大阪道頓堀のグリコと並び称される。ニッカのイルミネーションを背に。
    最後に柏艪舎の餅田社長様。お世話になりました。ありがとうございます。
    早苗NENE * - * 07:46 * comments(1) * trackbacks(0)

    コメント

    結果は大切ですが、結果を期待して行動を起こすことは避けたいですね。
    行動を起こす気持ちが、いつかきっと花を咲かせるでしょう。
    北の大地に残された足跡こそ有意義だったと感じます。
    道頓堀のグリコは大阪人の僕には原風景です。 岡山駅前の桃太郎もまた社会人一年目の思い出のモニュメントです。
    Comment by masa @ 2017/07/17 3:42 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ