大人不良の時代かも

2018.11.19 Monday 16:59
0


    岡山の県北にジャズグループ KATHの皆さんとライブに行ってきました。
    今回訪れたのは 津山と勝山。
    あの津山は9月9日のチャリティコンサートで 最後まで連絡先を探していて結局見つからずに諦めた
    BEEsの稲葉さんの実家があるところで、津山と言えばその情報しか、なかった私です。
    いざ訪れてみると 津山藩のお城跡が高台にあり、 個性的なお店がそこかしこにあっておしゃれな城下町でした。

    私達が止まった旅館は とても古くて老舗のお多福旅館。
    昔 美川憲一さんがまだ。今のキャラになる前、に泊まったというお部屋で一泊。ぐっすり眠れました。
    オーナーの竹内さんは観光協会の会長さんで、豪華な食事の後も 最後まで私たちのノリにお付き合いくださいました。

    翌日の勝山。私にとっては津山よりももっと情報がない町でしたが、その情緒ある街並みに文化レベルの高さを感じる 素晴らしい地方都市でした。真庭市にあることも初めて知った私です。
    特に川岸に船が付き、そこから荷が降ろせるようにしつらえた石畳の階段は 京都にもない風情があり印象に残ります。

    昔から文化は寒い地方の方が高いと 言われています。
    雪が降ったりして 外に出る事ができないために 内側の熟成が育まれるのかもしれません。

    岡山の北側には魅力的な街が沢山ありそうです。

    今回の旅は素敵な大人不良の方々に会えた気がします。
    きっとジャズ演奏家のKATHの皆さんが持っている雰囲気が、知的で不良で自由な音楽プレイなので、そんな音楽に惹かれて集まってくる方々が沢山いるのでしょう。

    昔はビートルズでさえ 保守的な大人のひんしゅくを買ったといわれています。
    彼らが来日をした時に 中学高校では公演を見に行くことを禁止した学校もあったほど。
    エレキ少年や ロングヘアーは不良の代名詞でもあった時代の若者が今団塊の世代になって
    昔、できなかったことを、大いに行動して遊んでいる楽しさを 感じた旅でもありました。

    オーガナイズして下さった、小野さま。 米田さま。ありがとうございました。

    category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

    12月のライブは

    2018.11.15 Thursday 10:36
    0

      まだあと半月もある11月ですが、
      来月12月のライブ、新しくフライヤーが出来上がってきたので アップします。

      一つは 岡山県の笠岡市で開催される“笠岡音楽祭2018〜音楽でつなぐ市民の絆〜” 
      以前 岡山TVに LUGZ&JERA(ラグズ&ジェラ)さんの番組に出演したのですが。
      彼がホスト役を務めているこの笠岡音楽祭
      スペシャルゲストとして 和歌うたを うたわせていただきます。
      お問い合わせは 笠岡音楽祭実行委員会(山本)090-2005−5745
      岡山県 笠岡市 近隣の方是非足をお運びくださいませ。



      又 もう一つは ヨコハマのシャンソニエ デュモンでの ライブ
      みなとみらい線の横浜中華街駅の第3出口から 歩いて3分くらいかしら。
      美しい女性オーナーのお店です

      こちらはピアニスト 小泉たかしさんとのコラボ。
      10月14日に六本木ALL OF ME クラブで久しぶりに彼のピアノで歌いましたが
      独創的で華麗なピアノに 私も常に新しい歌を歌っているような
      新鮮な気持ちとスリルを味わいます。

      この日はタロットカードを引いて来場されたお客さまの来年のトピックを占ってみるつもり
      関東の方は ぜひ横浜中華街まで足を運んでくださいませ。
      お問い合わせ・お申し込みは 和歌うた実行委員会(村中)080-2345−0615

      又前日の12月8日は、タロットでのリーディングを受けてみたいと思われる方のための時間を設けています。
      興味を持たれた方は 直接早苗ネネ迄メールをください。詳細をお知らせいたします。
      メールアドレスは わかうたねね(これを小文字のローマ字でかいてアットマークの後はwing.ocn.ne.jp)
      もしくはFAXを 0865−42−5574。

      明後日からは いよいよ岡山県の津山市へ 歌っている時がやっぱり一番 し・あ・わ・せ・

      category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

      この旅は、ぬさもとりあえず

      2018.11.13 Tuesday 20:33
      0




        バラエティのある一週間でした。
        一瞬一瞬がとても濃密でこんな刺激的な事が自分の人生に起きて居るなんて
        ホントありがたいと思います。

        稲田姫さまの神社?稲田神社との出会いは2000年に広島安芸の宮島で行われた世界聖なる音楽祭にまだマウイ島のカレッジで勉強していた私がネットから参加表明したのがきっかけです。丁度夏休みだったので帰国して広島に出向き。そこで知り合った女性から
        世界一、小さい例祭が行われる 稲田神社の話しを聞いて、興味を持ち、自分が歌を奉納して、その世界一小さくて地味な例祭の主人公。稲田姫さまを励ましたいと思って歌いに行く事をその女性と約束をして別れました。

        人のご縁は本当に計り知れません。

        よく年の冬休み奥出雲の稲田神社を訪れると その女性はご主人とその稲田神社の社務所に住んでいました。そして稲田神社は大きな神社でしたが、手入れが行き届いて無くて荒んでいました。
        奉納ライブ等、出来る状態では無く途方にくれて、本殿の階段に腰掛けていると。掃除をして欲しい??と言われた様な気がして
        それなら出来ると。その年の夏奥出雲に1カ月住んでお掃除に通いました。そしてその秋には全国から集まった参加者と一緒に奉納コンサートをする事が出来ました。

        そんな思い出がある稲田神社が、
        今では出雲大社の千家宮司に奥様の礼子様も出席しての大遷宮をされて。

        私は感動で、言葉もありません。
        そんな二日間のあとに上京すれば。

        ボイストレーニング、銀座でのエステ体験。古い友人との語らいと夕食。そして都会のホテルの窓の景色。テレビ収録。と流れて。
        新幹線最終に飛び込んで、
        さすがに疲れたなぁと思いながらのブログアップ。

        明日一日中寝てたいです。
        category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

        今日から又、行脚

        2018.11.08 Thursday 18:15
        0

          毎日の好天に気分は幸せ。庭のツワブの花が満開です。
          秋は黄色やオレンジ色が山も里も埋め尽くすのね。 八丈島の三根永郷の崖っぷちにも ツワブキの群生があったっけ、この時期 見事な花を咲かせていたのを思い出ます。
          さて 今日から又 行脚の旅が始まります。 これから備中高梁へ。
          明日の朝は島根県 奥出雲町へ向かいます。稲田姫様の生誕の地で 明治の豪商 小林徳次郎さんが建てた
          稲田神社の大祭があります。その奉納コンサートと大祭参列。その後はまちなかコンサートに参加して、
          その後は突然 歌手協会のコンサートで東京中野サンプラザへ。

          奥出雲からサンプラザ。 この違いがなんとも言えない混乱を生んでいます。 頭の中で何を着てゆこうか、どんな物が必要か、上手く組み合わせ出来なくて。一つのトランクに必要だと思える物をポンポンと入れて行くと、ほとんどスペースが足りなくなるし、
          私の旅は私そっくりで、なんともとりとめが無くて いつも荷造りに苦労します。

          でも
          もう一度家を出たら。あとは楽しく自分の人生をこなして。
          歌って来ます。
          category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

          ハロウィンの翌日に

          2018.11.01 Thursday 14:27
          0


            ワルターが帰国です。
            毎年一度は来日して、二人でライブ行脚の旅に出るのが続いて十五年が過ぎました。

            私も彼も、お互いが成長してますます信頼関係が築かれて、彼の存在に感謝しかありません。

            言語も、 育った環境も、文化も、まるで異なる人間同士が長い年月をかけてお互いを理解して行くプロセスには、

            個性のぶつかり合いや、

            母国語の日本語、ドイツ語ではなくて 英語での会話の不明確さから来る誤解や思い込みによる、食い違いに

            何度もイライラと怒りと堪忍袋の緒がきれて、これ以上は無理だと思う事の繰り返しです。

            でも、

            こうして又 別れが来て、別々の日常を送る時には、
            またね、元気で居てね。ありがとう! という真実。 感謝の思いしか残りません、

            人間関係の醍醐味はお互いの違いや個性の気質からくるぶつかり合いを、乗り越えて
            それぞれが成長して行く過程にあるのだと思います。

            和歌うた、を通していろんな方々との関わり合いがあり、

            その上、じゅんと言う これまた全く違う性格の女性とも、50年の付き合いが続いています。

            お互いの違いを認めて 相手を手放して行く。

            縛らない関係の素晴らしさを実感して、

            リムジンバスに乗る彼を見送った後 ふと空を見上げれば平和な秋の雲が静かに流れて。

            ん〜 人生って味わいがあって いいな〜!

            あら?! もうあと2カ月て今年も終わり?

            大変、やらなきゃならない事が山積みだわ。

            昨日締め切りの原稿書かなくちゃ!

            11月が始まりました。


            category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

            秋のツアーが終了致しました、

            2018.10.29 Monday 10:46
            0


              鳥取 無量光寺での和歌うたコンサートが無事終了して スーパー因幡に乗って帰路につきます。
              会場に足を運んでくださったお客様。ありがとうございました、
              今回のライブツアー集客的には苦労がありましたが、演奏をしている本人たちにはお客様との一体感があり、毎回、多幸感をたくさん味わえたツアーでした。
              オーガナイズしてくださった関係者の皆さま誠にありがとうございました。
              最後のライブ会場 鳥取の無量光寺さん。ご住職に案内して頂き、、
              前日は鳥取砂丘へ行き。砂丘美術館も訪れて。北欧のアーティストに寄る砂像の作品にドイツ生まれのワルターも、子供の頃に親しんだ北欧神話に大満足。

              category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

              これから広島へ戻ります。

              2018.10.24 Wednesday 11:31
              0

                この三日間は二人の女性に会いに、門司と小野田市の船木へ。
                まずは、 最近結婚されて、ご主人の故郷門司に住んでいる元軽井沢 カフェフルールのオーナー広瀬尚子さんを訪ねて来ました。
                丁度フィンドホーン創立者のアイリーンキャディさんの本を読む会があり、私も参加させて頂き、その後は
                ミニコンサートと称してワルターのギターでマイク無しの和歌うたを聴いて頂きました。
                とてもフェミニンになられた尚さん。
                やはり頼れる旦那様が出来ると、女性本来の雰囲気が出てくるのでしょうか?
                80歳にしてとてもセクシーな尚さんに会えて。感動でした。




                その後は 関門海峡をまた戻って
                小野田市に住む。これまた長いお付き合いをさせて頂いている、今村美智子さんのお家へ。
                全日本カルタ協会でカルタクィーンを何度もされた今村宅に二泊させて頂き、2日目はちょっと珍しいおサルの動物園に

                この三日間は懐かしい方に会えてお家に泊まってゆっくり。私は少し太りましたが、しっかりと、鋭気を養いました。 今夜はまた広島で、歌います。
                サロンコンサートどんなお客様がいらしてくださるのかしら? 新しい試みです。
                category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

                旅が楽しくなって来ました、

                2018.10.21 Sunday 11:16
                0
                  今、門司駅近くのバス停で
                  友人の迎えを待っています。
                  広島と小倉のライブが無事終了して。 ホット一息。
                  広島のカフェトイに、そして小倉フォークビレッジに足を運んで下さったお客様、本当にありがとうございました。

                  今日から3日間は門司と山口の知人宅にお世話になります。
                  岡山を出て3日目 やっと移動の毎日に、慣れてきました。
                  写真は列車時間までの散歩に平和公園を歩いて。広島はカープの優勝で行きかう人々がハッピームードです。
                  category:- | by:早苗NENEcomments(1)trackbacks(0)

                  ありがとうございました

                  2018.10.15 Monday 19:09
                  0
                    東京 六本木ライブに足を運んで下さった皆様。
                    誠にありがとうございました。
                    六本木 All of meは初めての会場でしたが、和気藹々とした雰囲気で、
                    その上あの、じゅんとネネのじゅんさんも一部には、サプライズゲストで 現れて、漫画みたいなやりとりがあり。
                    お客様は きっと楽しめたと思います。

                    私は、今日は名古屋。
                    日本芸術文化振興基金の相談会があり。
                    和歌うた コンサートへの助成制度を相談してきました。とても優しい眼差しの相談員のかたに教えて頂きました。
                    さて明日はワルターがマウイ島から来日です。
                    category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

                    京都イマージョン

                    2018.10.09 Tuesday 09:33
                    0
                      iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

                      最近はイベントを企画しても天候の変化によって最初の企画がうまく実現できないことが多いのではないかしら、
                      屋外などでの企画はとても大変だと思います。

                      私が今回参加した 京都でのリトリートプログラム 題して

                      「京都イマ―ジョン」

                      はそんな企画したアイデアが天候により変更を余儀なくされて、
                      その刻々と変わる自然の天気の流れに自分たちの心を開いて皆で乗ってゆく。

                      まるで新しい波が次々と寄せてくるサーフィンのような体験を
                      集まった皆で共有できた素晴らしいイベントでした。

                      そのテーマはとてもスピリチュアルで、常に自分の中の霊性や気付きを促されるもの。
                      ハワイ マウイ島からKAHUNA(神官)で素晴らしいミュージッシャンでもある
                      Lei’ohu Ryderとそのパートナーである Maydeen 'Iaoと言う
                      二人のまるでクジラとイルカの使者のような 妖精叔母さんたちが
                      刻々と変わるお天気の中で 共有してくれる体験学習の中で繰り広げられました。

                      マインドとハート 思考と心。
                      自分に刷り込まれた既成概念の強固な殻を破って自由になってゆく必要は、

                      基本に「調和」と言う概念を尊いものとしている日本社会の中で大きな課題でもあります。

                      その調和度が繊細できめ細かいために 時々がんじがらめにとらわれてしまうから。

                      私自身も、20代後半から40代後半まで、
                      自分の内側に渦巻く奔放なエネルギ―を日常生活の中でどうやって折り合いをつけたらよいのか
                      ずっともがいていたことを覚えています。

                      常識に縛られて、調和と言う言葉とは、ほど遠い自分の内側のエネルギーを持て余して。
                      どんな風に大人の顔をして生きていって良いのか。

                      承認欲求や、自意識過剰やエゴの塊のような優越感や劣等感。

                      もしこれらの言葉に共感を覚えたら、是非次回の、「京都イマ―ジョン」に参加することをお勧めします。

                      タガを外す、と言う言葉があります。ネットでもそのテーマで記事がアップされていますが、
                      殆どが思考を使っての文章、ワークのようです。

                      マウイ島から来た妖精叔母さんたちが 教えてくれるものは 思考でのワークではありません。
                      自分のハートからくるメッセージ、心の声を目覚めさせて行くワークです。

                      頭脳明晰なスピリチュアルリーダーが 研修室のような机の上で教えてくれるものとは、真逆な有機的な学び。
                      ALOHAスピリッツと共に 私たちは愛を学んでいると 実感させられる素晴らしいひと時でした。

                      これから世界中で天候による変化が頻繁に起きてくると思います。
                      新しい波に常に心を開いて対処してゆくことの面白さ。楽しさ。柔軟性。責任感や勇気。決断力。

                      右脳と左脳、女性性と男性性、マインドとハート、
                      若い大人の女性達には是非体感して自分のオリジナリティを歩いて行ってほしい。

                      虹色に代表される、7色のカラー。

                      自分の個性は一人一人その持っている色の配色が違います。

                      一緒に参加した7名の素敵でかわいい女性達と丸半日を過ごながら、

                      是非独自の虹色を見つけてほしいと 心から思いました。

                      そして私個人の学びは
                      新しい変化の波に心を開いて乗ってゆくインプロバイゼーションの実践。

                      これからの人類が体験するであろう地球規模の変化を、個人レベルでは
                      冒険と捉えて受け入れてゆく覚悟を促された学びでもありました。

                      この「京都イマ―ジョン」これから必要な学びになってゆくと思います。

                      主催は みか・トーマス https://ameblo.jp/mauiheart/
                      まだ今回の報告は載っていませんがとりあえずのワンショット。



                      category:- | by:早苗NENEcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 旅が楽しくなって来ました、
                        大原 和彦
                      • 徹子の部屋 エピソード その1
                        読者
                      • 末の松山へ
                        nene
                      • 末の松山へ
                        DAI
                      • 西日本豪雨救援チャリティーコンサート 経過報告。
                        早苗ネネ
                      • 九月九日ミュージクエイド for Okayama
                        早苗ネネ
                      • 九月九日ミュージクエイド for Okayama
                        岸本寿男
                      • 西日本豪雨救援チャリティーコンサート 経過報告。
                        ウッドペッカー
                      • ダンスダンスダンスヨコハマ
                        読者
                      • 「平成30年7月 西日本豪雨救援チャリティコンサート」ミュージックエイドfor OKAYAMA
                        DAI
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM