神無月に寄せて



10月は神無月。全国の神様が出雲に集まっているという。
八百万の神々たちは大国様(大国主の命)とご一緒にいったいどんな集いをしているのかしら。

私が出雲の神様が好きな理由は 2つある。
一つは 昔八丈島に住んでいたころ、
伊豆七島の氏神様が大国さまの息子の 恵比寿さま(事代主の命)の奥様達だと知ったこと。
伊豆(イズ)と出雲(イズモ)は本州という日本のからだを挟んでつながっている。
そのことを知った時の不思議な驚きは今でも忘れない。

二つ目は 国譲りという 
信じられないような白旗政策を 実行して 今なお 神々の長として権威を誇っていること。

最近偶然に 日本の旗を ゆっくり見る機会があった。

♪ 白地に赤く 日の丸染めて ああ美しい 日本の旗は♪ 

子供の頃 私達の旗は 白地なんだ!って ずっと思っていた。

そこに梅干しみたいにお日様があると。

大昔、大国さまが 戦いを避けて 自分が治めていた国を 天照様達に譲った。

そのプロセスが  白い旗を掲げて 天照さまが真ん中に収まって

それで 日の丸になったのだと 理解した。

合気道という 戦わない武道を 産み出した日本民族のDNAには 大黒様のスピリットが脈々と流れている。

学術的な歴史観から見たら まったく稚拙な歴史観かもしれないけど。

昨今の日本の政治ドラマを見ていると 
まるでアメリカのスパイ映画の見すぎでみんな頭がおかしくなってしまったような気がして、

 シンプルな純粋さを保って生きていこうと思わずにはいられない。

策略と諜報 かどわかしや疑惑で疲弊した日本人の心は これからどこへ向かうのかしら。

明日は 戦争ができる国と 戦争ができない国の 選択を迫られるといわれている 選挙の投票日。

丸腰で生きてゆく勇気も 戦って生きてゆく勇気も

どちらを選んでもリスクは大きいし試練は計り知れない。

いつか、子供や孫たちに
 自分はどちらの勇気を選んだのか 誇りをもって伝えていければそれでいいと思う。

写真は自宅近くの裏山から続く空 

このあたりが古代吉備王国だった頃も きっと同じ青空 




 


| - | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

日帰りでホテルニューオータニの下見に


朝早く起きて 上京です。
来月のニューオータニでのディナーショウの打ち合わせ。と
取材も兼ねて日帰りです。

流石
新幹線線はきついので 岡山空港から羽田へ
飛行機移動。

仕事を 無事全て終えてトンボ帰りの羽田空港で
やっと写真を撮る余裕が、
| - | 20:02 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

おめでとう!ノーベル平和賞



核兵器廃絶国際キャンぺーン 略して ICAN がノーベル平和賞を受けた。

日本の関係者や 被爆者は 主要運営団体の一つ 
ピースボートの本部にかけつけて お祝いの後に 記者会見をしたようです。

https://twitter.com/twitter/statuses/916312015769026560

リーダーの方の声明も載せておきますね。
http://peaceboat.org/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/20171006_kawasaki.pdf

ちょうど 来年の一月から始まる第96回目のクルーズに 水先案内人として乗船させていただくことが決まった

その同じ日にこんな吉報が届いて 

まるで自分が賞をいただいたような気分で とっても嬉しい私です。

来年の一月出航のピースボート

今回は56日間のミドルクルーズ、南半球へ行くそうで、とても楽しみ。

和歌うたと サヨナラ戦争を ピースボートの中で歌えると思うと ワクワクします。
| - | 03:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

偶然の妙に遭遇


新幹線の中で
同じキャリーバックを持って居る人と遭遇
それは良くある事

その上 買ったお土産も同じとなると
突然
不思議な気分になります。
浜松から新横浜へ、
左のバックの持ち主の 私は歯医者さんに、
右のバックの持ち主は どこへ行くのかしら。

どちらにしても。こんな事は一生に一度の遭遇だと思います。
きっと良い事が、ありそうだねと、彼女のお父様?が言ってたのが
この出会いを祝福してくれました。
| - | 17:33 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

W.S.MERWINさん、90歳の誕生日おめでとうございます。

マウイ島にお住まいのウィリアム マーヴィンさん アメリカを代表する詩人ですが
WALTERの ボスでもあります。
https://www.poetryfoundation.org/poets/w-s-merwin

今年の春に奥様をなくされて 一時は失意の中にいたのですが、
持ちこたえて元気になられたようで、9月30日に 90歳の誕生日を迎えられます。

初めて彼にあった時のことを思い出します。たぶん彼がまだ74歳くらいの頃だと。
ハイウエイから ハイクの海岸道へ入るところに、小さな仔馬が いつもいました。
たぶんドンキーだと思いますが、ちょっと囲われた柵があってその柵のそばに車を止めて 
ドンキーにニンジンをあげていた素敵なロマンスグレーの男性がマーヴィンさんでした。

私はちょうど WALTERを訪れていて 帰る途中でしたが、いつもドンキーには話しかけていたので、
車から降りて近づいたら、
持っていたニンジンを私にも下さり、二人で交互にニンジンをあげながら、少し話をしました。

まだ WALTERから ボスの話は聞いていないころでしたので お互い初対面。
彼はきっとその時に会った東洋人女性が私だったとは、今でも知らないと思います。

その彼が、90歳の誕生日を祝って 30日にマウイ島の2か所で大きなセレブレーションをすることになりました。
マウイを代表する マッコイ劇場と グランドワイレアでの2か所だそうですが、
どうやら マウイ島の市長さんは今後
9月30日をウイリアム マーヴィンスデイという記念日にすることに決めたようです。

実は、今月のはじめ、彼の90歳の誕生日に 記念式典を行うと決まった時に、
マーヴィンさんから ワルターを通して
私に 当日歌いに来てくれないかとの リクエストをいただきました。

私としては ぜひともお祝いに駆けつけて 和歌うたを 披露したかったのですが、
10月1日にすでに浜松のホテルでのゲスト出演が決まっていたので、断念しました。

来年には予定を入れておきますと お伝えしました。

ぜひ来年も元気で91歳の誕生日を迎えていただきたいと 祈るばかりです。

当日 2か所の記念会場まで車いすのマーヴィンさんを運ぶのは3人がかりだそうで、WALTERは大忙しです。

写真は一昨年のマウイでのサロンコンサートの後の記念撮影。奥様のパオラさんも健在の頃で
私にとっては大変貴重な写真となりました。上段のお二人がマーヴィンご夫妻です。




| - | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

地元紙に載りました。



山陽新聞ローカル版に 先日の八掛町でのコンサートの記事を載せていただきました。
和やかなコンサート風景が よみがえります。
| - | 10:12 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

演歌になった「愛するってこわい」




自宅にテレビがないので、直接見ることができなかったのですが、どなたかが動画にアップしてくださり

今朝、 9月26日放映の平尾先生を偲ぶ番組で 

「愛するってこわい」を他の若手の歌手の方が歌われているのを見ました。

二人の歌手の方は 演歌歌手だそうで、私のパートを森山愛子さん。
じゅんのパートを椎名佐千子さんが、担当されていて
「愛するってこわい」がマジに演歌になっていてとても新鮮な驚きでした。

所々のメロディにさりげなくコブシが回っていて、つい何度も聞いてしまった。

演歌の「愛するってこわい」なかなか渋い味わいがありました。

 FACE BOOKにもアップされていて 早苗ネネやじゅん&ネネのファンの方は 
やはり」本物で聞きたいね、とか 本物の方がツヤがあるわ、
などの書き込みがありました。

そういう感想をお持ちの方は ぜひその旨をリクエストという形でテレビ局に伝えてください。

テレビのスタッフさんは30代40代で、じゅん&ネネが歌っていた頃には生まれてない方も多くて情報がありません。
また 知っていたとしても 
70歳近いデュエットグループが、現役で活躍していて ツヤのある歌声を今でも維持しているなんて
想像できないと思います。

テレビで歌うと じゅん&ネネってこんなに歌がうまかったっけ。。。と再発見される方がよくいます。

そう じゅん&ネネ は 実力派デュエットグループなんです。

じゅんお姉様も、最近はソロ歌手として頑張っています。
ネネこと早苗ネネは 「和歌うた’」という新しい音楽ジャンルを 広めていきたいと情熱を燃やしています。

二人合わせて135歳、じゅん&ネネがデビューして来年は50年目。

何かを始めるには 本当に丁度良い年頃です。


 

| - | 12:31 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

10月1日 静岡県浜松、ゲスト出演いたします。



次の日曜日は10月1日、静岡県 浜松駅前にある ホテルコンコルドでの

GG(じーじーと読むそうです)つよしさんの 
デビュー 一周年記念コンサートのゲスト出演です。

デビューされて一周年というとつい若手歌手を思い浮かべますが、彼は古希にキングレコードからご自分の
楽曲を発売された、シンガーソングライター。

お名前の 「GGつよし」 の ジージーも お孫さんがご自分の事をじーじーと
 呼ばれるのでそのまま名前にされたと伺った記憶があります。

そんな 古希のシンガーソングライターの 記念コンサート
まだ若干お席に余裕があるようです。

出演 GGつよし 早苗ネネ 玉井京子
バンド演奏 遠山詠一とゴールデンスターズ

会場 ホテルコンコルド 浜松 葵の間
日時 10月1日
昼の部 14時より 一般¥4000 学生¥2000
夜の部 18時より ¥10000 ブッフェスタイル夕食付

お問い合わせ お申込みは
カップエージェンシー TEL&FAX 053−463-6221


| - | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ありがとうございました。やかげ町コンサート

9月24日 矢掛町町屋交流館の和歌うたコンサートに足を運んでくださった皆様。
ありがとうございました。
おかげさまで普段使わない2階席までお客様が来てくださって、盛況のうちに終了いたしました。

帰りに 小野小町の、供養塔にお参りもできて、大満足の一日でした。

写真は 総社市の黒田にあるお墓や 供養塔を自主管理をされている地元の皆さんと。








| ライブ | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

小野小町のお墓まいりに

日本を代表する美女と言えば 必ず出てくる 平安時代に生きた小野小町さん。

「和歌うた 小倉百人一首」の中でも 代表曲となっている ♪花のいろは♪ の出だしの和歌の作者です。

ネットも新聞もなかった時代に 日本中に知れ渡るほど、名前が有名になるのはすごいなって思います。

全国各地に彼女のエピソードは数えきれないくらい残されています。

小野小町の終焉の地と言われる場所もざっと調べてみても
北は秋田県から 南は山口県まで15か所もあって。

 岡山にも・・・総社市に 終焉の地と言われている井戸と お墓と 供養塔が 立っているそうです。

今度の日曜日のやかげ町でのコンサート会場とは 車で30分くらいのところだと伺って。
やはりお参りしたいと思いました。

自分が歌っている歌人の方のお墓参りには 出向いてご挨拶をさせていただくようにしていますが
なかなか時間が取れなくて

 前回は 藤原定家さんのお墓参りで、一年以上も前、
そこは今でも冷泉家の方が毎年供養をされているお寺でした。

岡山にもあるという 小野小町さんのお墓、
当日のコンサートが終わってから、ちょっとあわただしいのですが、
お参りさせていただきます。

写真は私の最初の和歌うたアルバム「花のいろは」。
百人一首の最初の楽曲が4曲30首くらい入っています・

このアルバム一枚で10年以上、草の根コンサート活動をさせていただきました。
コンサート後の手渡しでの即売で見ていただいたお客様方に購入していただいて、
現在約3000枚の売り上げを誇っています。

今は 100首すべてが歌われた「和歌うた 小倉百人一首」の新アルバムが出来上がり
同じ楽曲がダブるので コンサート会場での即売は控えていますが 

このアルバムを聴いて「和歌うた」のファンになって下さった方も多いと思います。

私にとっての記念碑的なありがたいアルバム。アマゾンには出品しています。



| - | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM